外壁の艶消塗料について

最近問い合わせが多くなっています外壁の艶消し塗料について、ご紹介させて頂きます。

外壁用塗料には光沢感のある「艶有タイプ」と、艶感を抑えた「艶消タイプ」があります。超低汚染リファイン艶消1000MS-IRは、高級感のある落ち着いた印象を実現する艶消タイプ。光沢感を抑えた仕上りにしたい方や、周囲の風景と調和しやすいマットな風合いにしたい方におすすめの塗料です。

一般的な艶消し塗料の光の反射イメージ

一般的な艶消塗料では、塗料に艶消剤と呼ばれる物質を添加しています。この艶消剤が塗膜表面に細やかな凹凸を形成することで、光を乱反射させ艶を抑えます。

一般的な艶消し塗料の課題、それは「汚れの付着しやすさ」

一般的な艶消剤は粒子の大きさや形が不揃いなため、表面の凹凸の隙間に砂埃や排気ガスなどの汚れが入り込みやすく、落ちにくい構造になっています。そのため、艶有塗料と比較して、低汚染性能が劣ると言われています。

艶消し×超低汚染性

艶消し塗料の常識を覆す革命的塗料

超低汚染リファイン艶消1000MS-IRに使用されている艶消剤「中空ガラスビーズ」は、粒子が真球状のため、塗膜が滑らかな凹凸になり、汚れが入り込みにくくなっています。また、塗膜が高い親水性をもっているため、雨水が塗膜と付着した汚れの隙間に入り込み、汚れを洗い流します。

中空ガラスビーズの光の反射イメージと塗膜表面の光の反射イメージ

超低汚染性

高耐候性

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、超低汚染リファイン艶消1000MS-IRは、17〜20年(期待耐用年数)経過後も顔料の抜け落ち穴、ひび割れ等の劣化症状はなく、塗膜表面は滑らかな凸状を維持しました。

低汚染性・高耐候性を実現したMS技術

超低汚染リファイン艶消1000MS-IRの樹脂は、無機成分を特殊変性アクリルシリコン樹脂に均一に結合させる「MS技術」により、最高レベルの緻密性を実現しています。これにより優れた低汚染効果と耐候性を同時に発揮します。

遮熱性

特殊遮熱無機顔料の使用により、太陽光の波長のうち温度上昇の原因となる近赤外線(波長:780〜2500nm)を効果的に反射する塗膜を形成。室内の温度上昇を抑え、生活環境の快適化に貢献します。

丸太工房ではアステックペイントの塗料をメイン塗料として使用しております。最近では様々な性能や機能がある塗料が多くあり、施主様もどんな塗料がお家に最適な塗料か?悩まれると思いますが、どのメーカーの塗料もそれぞれ特徴がありますので塗料のことで分からないことがありましたらお気軽にご相談ください。もちろんご相談は無料ですので安心してくださいね(^^♪

今日は何の日?今日の1枚!

本日6月10日はリボンシトロンの日です。前身の「シトロン」が発売された日であるから、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が制定しました。100年以上にわたり愛されている炭酸飲料のリボンシトロンを、さらに多くの人に知ってもらうことを目的としています。私はリボンシトロンを知りませんでしたのでネットで検索しましたがやはり見たことがありませんでした。関西には流通してない商品なのでしょうか?今日の1枚です。今週末に入れる新聞折り込み用のチラシです。お得な情報がありますのでチェックしといてくださいね(^^♪

神戸市北区の外壁・屋根塗装の塗装専門店!

外壁塗装・屋根塗装、塗装の事は創業79年の知識と実績のある丸太工房にお任せください。現地調査・お見積り、塗装のご相談などは無料でおこなっておりますので、お気軽にお問合せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!