屋上キュービクル塗装(三木市)

三木市にて先日、屋上のキュービクルの塗装を施工しましたのでご紹介します。

キュービクル塗装

屋上のキュービクルの塗装になります。キュービクルとは高い電圧を施設で使える電圧に変換する機械になります。既存のキュービクルは、屋上に設置しており、直射日光や紫外線、雨・風の影響を受けてご覧のように錆が目立っている状態でした。まずは全体の目荒しのケレン作業をおこない、錆が酷い箇所はマジックロンを使用し錆を落とすようにケレン作業を行いました。続きまして塗らない部分の養生の作業をおこない、下塗りの錆止めの塗装になります。錆止めの塗装には、日本ペイントの1液のハイポン・ファインデグロのグレーを使用です。2液変性エポキシ樹脂塗料と同等の防錆力を持ったターペン可溶形の1液速乾変性エポキシ錆止め塗料になります。ターペンとは?灯油に近い成分である石油炭化水素により組成されたシンナーになります。ターペン可溶塗料は弱溶剤塗料と表現されることが一般的です。1液塗料で2液と同等の防錆力があり速乾タイプの塗料になりますので、このような塗装の場合の下塗りの錆止めの塗料としては最適の塗料になります。既存の色に近い色での塗り替えを希望でしたので、現場で塗料の調色作業をおこない、出来るだけ既存色に近い色になるように塗料を作り、中塗り・上塗りの塗装で仕上げました。塗料をあまり使わない場合は現場調色し塗装することで余分な塗料を使用しなくて済みますのでコストダウンに繋がります。塗装後は見違える程綺麗になりましたね!

塗装前のキュービクルの状態です。退色し錆が目立っている状態です。
まずは全体のケレン作業をおこない、錆が酷い部分はマジックロンを使用し錆落としのケレン作業をおこないます。
下塗りの錆止めの塗装です。日本ペイントの1液のハイポン。ファインデグロのグレーを使用し下塗りの塗装をおこないました。
中塗りの塗装です。既存色に合わせて現場調色をおこない塗装しました。
上塗りの塗装です。中塗りと同じ塗料を塗り重ねることで塗膜が肉厚になり塗料の性能を発揮します。
キュービクルの塗装完了です。塗装前と比べてご覧の通り綺麗になりました!

今日は何の日?今日の1枚です!

本日6月7日はムダ毛なしの日です。「6(ムダ毛)7(なし)」の語呂合わせから、除脱毛ブランド・ヴィートを展開するレキットベンキーザー・ジャパン株式会社が制定。夏に向けて素肌を出し始める女性たちに、思わずさわりたくなるすべすべ肌を手に入れて欲しいとの願いが込められています。本日の1枚です。外壁と屋根の塗装工事が無事に完了しました。また現場ブログでご紹介させて頂きます。

神戸市北区の外壁・屋根塗装の塗装専門店!

外壁塗装・屋根塗装、塗装のことは創業79年の知識と実績がある丸太工房にお任せください。現地調査・お見積り、塗装のご相談などは無料でおこなっておりますのでお気軽にお問合せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!