擁壁塗装(神戸市北区)

神戸市北区にて施工中の現場ですが、擁壁の塗装を施工しましたのでご紹介します。

擁壁塗装

擁壁の塗装になります。既存の擁壁ですが、経年劣化もあり黒く汚れが目立っておりました。まずは高圧洗浄で擁壁を高圧洗浄しましたが、塗膜が膨れている箇所が数ヵ所ありましたので気にはなっておりましたが、ケレン作業の際にその予想が悪い方に的中しました。スクレーパーを軽く入れるだけで塗膜がどんどん捲れてしまい・・・塗膜がしっかりと密着している部分もありましたが、仕上がりに影響し見栄えが悪くなりますので、今回はすべて塗膜を捲ることにしました。剥離剤などは使用せずに捲れましたのでやはり塗膜の密着がかなり悪かったと考えられます。擁壁は下からの湿気や天端から水が入やすく塗膜が膨れてしまうことが多くあります。擁壁はそれだけ難しい場所の塗装になります。今回は塗膜の上からではなく素地からの塗装になります。まずは下地処理として、クラック部分にウレタンコーキングをし、その上からカチオン樹脂モルタルで下地処理をおこなうことで塗装後クラック部分が目立たたなくなります。凹凸模様を出すパターン出しを行ってから中塗り塗装・上塗り塗装で擁壁の塗装を仕上げました。

擁壁の現況です。黒く汚れている部分が目立っています。
擁壁の高圧洗浄になります。黒く汚れていた箇所も高圧洗浄である程度は綺麗になりました。
擁壁のケレン作業の様子です。旧塗膜が膨れているところからスクレイパーを入れるだけでご覧のように塗膜が捲れました。素地との密着や天端から水が入っている可能性があります。
旧塗膜ですが密着している部分もありましたが、仕上がりのことを考え、すべて塗膜を捲りました。
擁壁のクラック部分の下地処理のウレタンコーキングになります。
ウレタンコーキングした部分の上からカチオン樹脂モルタルを塗り込むことで綺麗な仕上がりになります。
素地と塗料が密着するようにシーラーを塗装です。
凹凸模様になるようにマスチックローラーでパターン出しをおこないました。SK化研のSKマスチックAのホワイトを使用です。
中塗りの塗装にはSK化研のアートフレッシュを使用です。色は淡彩系になります。
上塗りの塗装になります。中塗りと同じSK化研のアートフレッシュを使用です。アートフレッシュは高耐候性を持つセラミックシリコン樹脂と光安定剤ハルスの相乗効果によって長期に亘り超耐久性と超耐候性を発揮する塗料になります。
擁壁の塗装が無事に完了です。アートフレッシュに含まれるセラミックシリコンによる優れた親水性によって、乾燥後の塗膜は、超低汚染性が発揮され、壁面に水垢が付きづらくなります。

今日は何の日?今日の1枚!

本日7月10日は納豆の日です。「7(な)っ10(とう)」の語呂合わせから、関西納豆工業共同組合が制定。皆さんは納豆は好きですか?関西の方は苦手な方が多いと聞きますが・・・子供の頃は苦手でしたが大人になってから好きになりました!今日の1枚です。このツチノコみなたいな謎の生物は?ヤマナメクジだそうです。私も初めてみましたが少しビックリしました!

神戸市北区の外壁・屋根塗装の塗装専門店!

外壁塗装・屋根塗装、塗装のことは創業79年の知識と実績がある丸太工房にお任せください。現地調査・お見積り、塗装のご相談や質問などは無料でおこなっておりますので、お気軽にお問合せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!