窯業サイディング外壁塗装(神戸市北区)

神戸市北区にて窯業サイディングの外壁塗装を施工しましたのでご紹介します。

窯業サイディング外壁塗装

既存の外壁は窯業サイディングの外壁になります。外壁の状態ですが、軒が深い部分の外壁は綺麗な状態でしたが、直射日光が当たる場所の外壁は塗膜が捲れている箇所がありましたので、下地処理をおこなってから塗装作業をおこないました。今回、外壁に使用の塗料はアステックペイントの超低汚染リファイン1000MF-IRになります。耐用年数は20年~24年になります。通常15年~20年が寿命のフッ素塗料ですが、超低汚染リファイン1000MF-IRは美しい状態を最長24年も維持できる塗料で、フッ素塗料で塗り替えをお考えの方にはオススメの塗料だと思います。超低汚染リファイン1000MF-IRのMFとは、無機フッ素のことになります。フッ素に無機成分をプラスすることで、20年~24年という超長期耐用年数を実現した塗料になります。ちなみにIRはInfraredの略で赤外線を意味する言葉になります。超低汚染リファイン1000MF-IRは無機フッ素塗料で赤外線から外壁を守ることに特化した塗料ということになります。塗り替えを長期間でお考えの方には嬉しい外壁塗料ですね!

外壁の現況です。
外壁高圧洗浄の様子です。
外壁の下地処理です。塗膜が捲れている箇所を取り除き、カチオン樹脂モルタルで窯業サイディングの既存の柄に合わせるように下地処理をおこないました。
外壁の下塗りの塗装になります。アステックペイントの水性形1液エポキシ系下塗り材のエポパワーシーラーのホワイトを使用し外壁の下塗り塗装をおこないました。
外壁の中塗りの塗装になります。超低汚染リファイン1000MF-IRを使用し外壁の中塗り塗装をおこないました。色は人気色のブロークンホワイトになります。
外壁の上塗りの塗装になります。中塗りで使用した塗料を塗り重ねて塗装することで塗膜が肉厚になり外壁を長期間、紫外線や直射日光・雨・風から外壁を守ります。
窯業サイディング外壁塗装
1階の窯業サイディングの外壁の塗装が無事に完了しました。2階部分はモルタルの外壁になっており、色替えでの塗装などありましたので、また現場ブログの方でご紹介させて頂きます。

今日は何の日?今日の1枚

本日6月4日は虫の日です。「6(む)4(し)」と読めることから、日本昆虫クラブが昆虫が住める街づくりを目的に制定しました。同クラブは、自分のペンネームに「虫」の字を使うほどに昆虫を愛した漫画家・手塚治虫氏が中心となって働きかけ、1988年6月4日に発足しました。また、カタカナ表記の「ムシの日」として福島県田村市常葉町にある、こどもの国ムシムシランドを運営する田村市常葉振興公社も制定しています。今日の1枚です。本日、加古川市にて現場現調でしたが、ヒョウの被害がやはりすごいですね。軒樋はご覧の通り穴が空き、鉄板サイディングは凹んでいました。

神戸市北区の外壁・屋根塗装の塗装専門店!

外壁塗装・屋根塗装、塗装のことは創業79年の知識と実績がある丸太工房にお任せください。現地調査・お見積り、塗装のご相談などは無料でおこなっておりますので、お気軽にお問合せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!